外用薬による治療

外用薬による治療

薄毛を促進する物質への変換を阻害させる治療法

髪の毛を作り出す毛母細胞というものがあり、この毛母細胞が分裂・増殖を繰り返すことで、髪の毛は生えて成長していきます。
この毛母細胞の囲っている毛乳頭が活発に働きかけをすることで育毛を促進させます。
毛乳頭を活発にさせるものとして、薬用育毛成分の外用薬があります。直接頭皮に塗布することで、有効成分のアルファトラジオールが、5αリダクターゼという酵素の働きによって、テストステロンから抜け毛の原因物質(ジヒドロテストステロン/DHT)に変換するのを阻止する効果あります。

外用薬による治療の料金はこちら

外用薬に関して

パントスチン

スカルプシャンプー・コンディショナー

スカルプシャンプー・コンディショナー

シャンプー・コンディショナーの料金はこちら

PAGE TOP